古い年賀はがきは郵便局で買取ってもらえるの?余ったはがきをお得に活用する方法

スポンサーリンク
雑学・豆知識
スポンサーリンク

年賀はがきは足りなくなと困るので多目に買うことがありますね。

また年によっては予想以上に年賀欠礼のお知らせが多く、年賀はがきを使い切れないこともあります。

お正月が終わると普通はがきの代わりに年賀はがきを使うわけにもいかず、年賀はがきが無駄になってしまうこともあるでしょう。

大掃除をしたら、毎年少しずつ残った年賀はがきが大量に出てきたという例もありました。

さてこの残った古い年賀はがきは郵便局へ持って行けば引き取ってもらえるのでしょうか?

書き間違ったはがきは交換してもらえるのか、また郵便局以外で現金化することは可能かということについても紹介します。

 

スポンサーリンク

古い年賀はがきは郵便局で買取ってもらえるの?現金での返金はしてくれない?

古い年賀はがきに限らず郵便局では、はがきを現金で買い取ってもらうことはできません

年賀はがき販売期間中であれば、年賀はがきを買った後に喪中になった場合にのみ無料で普通はがきに交換してもらうことはできます。

それ以外は普通はがきや切手などに交換するのに手数料が必要になります。

余った年賀はがきを交換する手数料は?交換するもの別に紹介!
1年で一番はがきをたくさん書くのは年賀状ですね。 たくさんの年賀はがきを書くと、間違ってしまうことがあります。 多く買い過ぎて余ることもあるかもしれません。 そういう場合は、郵便局に持って行けば交換してもらえるのですが、交...

余った年賀はがきを交換する手数料は?交換するもの別に紹介!

手数料を現金で払わないで済ませたければ、交換するはがきや切手の値段と相殺することはできるので窓口でその旨お願いするのがいいです。

かなり古い年賀はがきでも交換してもらえるので、年賀はがきが残っていたらぜひ郵便局に持って行きたいですね。

古い年賀はがきは郵便局で買取ってもらえるの?失敗したはがきは交換可能

年賀はがきは印刷ミスが出ることがあります。

または書いている途中で書き間違いに気付くこともありますね。

そんな失敗したはがきは、やはり手数料を払えば、新品と交換してもらえます。

余った年賀はがきを交換する手数料は?交換するもの別に紹介!
1年で一番はがきをたくさん書くのは年賀状ですね。 たくさんの年賀はがきを書くと、間違ってしまうことがあります。 多く買い過ぎて余ることもあるかもしれません。 そういう場合は、郵便局に持って行けば交換してもらえるのですが、交...

余った年賀はがきを交換する手数料は?交換するもの別に紹介!

年賀はがきが売り出されている期間中ならば、その年の新しい年賀はがきと交換してもらうことも可能です。

ほんの数枚なので交換するのも面倒と思う人は、ボランティア団体の書き損じはがき回収箱に寄付するという方法もあります。

古い年賀はがきは郵便局で買取ってもらえるの?金券ショップで現金化できる!?

あるお宅では毎年400枚もの年賀はがきを書いていましたが、年末に不幸があったために賀状が出せず、忙しかったので年賀はがきの無料交換もしないままで、年賀はがきがそっくり残ってしまったそうです。

こんな場合はできれば現金化したいと思うのも無理もないことですね。

でも郵便局では現金で買い取ってもらうことはできません

そこで思いつくのは金券ショップに持って行くことです。

1枚から買い取りをするところもありますし、切手やはがきの買い取りに力を入れている中古品買い取り業者なら、かなり高く買ってくれる可能性もあります。

古い年賀はがきは郵便局で買取ってもらえるの?はがきを売るためのコツと注意点

古い年賀はがきを売るには、金券ショップや中古品買い取り業者に査定してもらう必要があります。

良い値段で売りたければ、未開封のもの、バラでも未記入できれいなものがいいですね。

100枚ぐらいでも未開封なら引き取ってもらえる可能性が高いです。

書き損じでも料額印面(金額が書いてある部分)が汚れていないものや住所氏名が書いてなければ、買い取ってもらえることもあるので、業者に問い合わせてみましょう。

古い年賀はがきは郵便局で買取ってもらえるの?まとめ

古い年賀はがきでも郵便局で1枚につき5円の手数料を払えば交換可能です。

郵便局で現金化することはできません。

現金買取をしてもらいたいならば、金券ショプや中古品買い取り業者に査定してもらいましょう。

まれには希少価値があって高く売れることもあります。

家の中に眠っている古い年賀はがきがあったら、郵便局や金券ショップを利用して活かして使いたいものです。

コメント