ハロウィンのスペル(つづり)は?大文字や英語の筆記体表記も紹介♪

スポンサーリンク
ハロウィンのスペル(つづり)は?大文字や英語の筆記体表記も紹介♪ 年間行事
スポンサーリンク

ハロウィンは、近年日本でも盛んに行われるようになってきて、よく仮装して街を歩くなど定着してきましたね。

かぼちゃのお面をかぶったり、ドラキュラの衣装を着て行進したり楽しいお祭りです。

今回の記事は、そのハロウィンの英語のスペル(つづり)について調べてみました。

つづりの意味や語源についてや大文字・小文字で書くのかなど気になることもまとめましたのでぜひ参考にされてください。

スポンサーリンク

ハロウィンのスペル(つづり)は?

ハロウィンのスペルは、「Halloween」または「Hallowe’en」です。

ハロウィンは、キリスト教の聖人に祈りを捧げる「諸聖人の日」というお祭りの前夜祭で、秋の収穫を祝い、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払うという意味があります。

日本でいうとお盆と近い感覚の行事ですね。

諸聖人の日は英語で「All Hallows Day」、前夜祭が「eve」ですのでこれらを合わせて「Hallow’s even」がハロウィンの語源とされています。

Hallowsは「神聖化する」という意味の古い英語で、eveneveningという夕方という意味です。

それから単語が短縮され、「Halloween」や「Hallowe’en」となっていったというわけですね。

ちなみに、日本語では一般的に「ハロウィン」と書きますが、より英語の発音に近いのは「ハロウィーン」だそうです。

ユニバーサルスタジオジャパンなどのアメリカ企業のテーマパークは「ハロウィーン」と表記されています。

ハロウィンのスペル(つづり)は?大文字・小文字はどっちがいい?

Halloweenは頭文字が大文字ですね。

通常の英単語なら、基本的に文の頭以外は小文字になっているはずです。

一般的に、英語は人の名前や地名などの固有名詞は頭文字が大文字になります。

ハロウィンも固有名詞として頭文字を大文字にして書くことが多いです。

また、頭文字だけではなく、すべて大文字にする場合もありますが、すべて大文字で書くと強く強調された印象を受けます。

タイトルで書く場合やハロウィンを強調したい場合にすべて大文字にして「HALLOWEEN

と書く場合もあるようです。

ハロウィンのスペル(つづり)は?筆記体表記の仕方は?

ハロウィンはメッセージカードを書いたり、「HAPPY HALLOWEEN!」とプラカードや看板を作ったりしますね。

そのときに筆記体表記ではどのように書くのでしょうか。

筆記体表記で書く時は、特別な書き方ではなく通常の筆記体と同様に書けば大丈夫です。

 

 

引用元:https://ryohkei.com/english-cursive-happy-halloween-38344.html

上記のように書きます。

leが続くので、lの高さとeの高さのメリハリをしっかりとつけることがきれいに見えるポイントだと思います。

この筆記体でプラカードを書いたらかっこいいですね。

ハロウィンのスペル(つづり)は?HalloweenとHelloweenの違いは?

ハロウィンは英語ではHalloweenです。

日本では学校で「HELLO」という「こんにちは」というあいさつを習いますので、

HELLOWEEN」と書く間違いがとても多いです。

メッセージカードに書く際などは注意が必要ですね。

その他にも「Haloween」や「Harroween」などのスペルの間違いが多いですので注意してください。

ハロウィンのスペル(つづり)は?まとめ

今回は、ハロウィンのスペル(つづり)について調べました。

・ハロウィンのスペルは、「Halloween」または「Hallowe’en」。

・諸聖人の日の前夜祭ということで「Hallow’s even」が語源。

Halloweenのように、頭文字は大文字で書く。

・筆記体表記では通常通りの書き方で書く。高さにメリハリをつけて書くとよい。

Helloweenと間違えやすいの注意して。

ハロウィンは、外国の文化ですが、日本でも定着しつつあるイベントなので、正しくかっこよく英語で「Halloween

と書いて、「Trick or Treat!!」と言いながら行進し、更に楽しくハロウィンを過ごせるといいですね。

せっかくなので日本語ではなく英語で書いて、外国の文化であるハロウィンを丸ごと楽しみましょう!

コメント