ハロウィンはいつからいつまで?由来や起源・飾り付けはいつから?

スポンサーリンク
ハロウィンはいつからいつまで?由来や起源・飾り付けはいつから? イベント・観光
スポンサーリンク

いつからか日本でも人気の行事になったハロウィン。

どちらかというと、日本では若者や子どもたちが「仮装」を楽しむお祭りで定着しつつありますね。

でもでも、なんでお化け?なんで仮装?なんでカボチャ?

どこからきたお祭り?いつから始まったの?

実は・・・すごくこわ〜いお祭りなんでしょうか。

もっともっとハロウィンを楽しむために、みていきましょう。

 

スポンサーリンク

ハロウィンいつからいつまで?日程や期間は?

ハロウィンの本番は10月31日です。

だいたい9月半ばから10月31日にかけてお祭りを楽しむようです。

ハロウィンいつからいつまで?由来や起源は?

実は、ハロウィン二千年以上前から続く歴史の古いお祭りです。

古代ケルト人の収穫祭が起源と言われています。

古代ケルトでは11月1日が新年とされ、大晦日である10月31日の前夜祭から秋の収穫物を集め盛大にお祭りをしました。

またその日には、ご先祖様の霊が家族に会いに帰ってくると信じられていました。

秋の収穫をお祝いし、ご先祖様の霊を迎え入れ悪霊を追い払うというお祭りだったのです。

日本のお盆に似ていますね。

さて、なぜ仮装をが伝わってきたかというと、ご先祖様だけではなく、魔女や悪魔などもあの世から一緒にやってきてしまうと考えられていた為、悪霊に自分たちの仲間だと思いこませ、自分の身を守るために仮装をしたといわれています。

その後、ケルト人はキリスト教化していきますが、キリスト教会が11月1日を「諸聖人の日」を意味する「All Hallo」と定め、その前夜を「All Hallo Eve」と呼び、その言葉が転じてハロウィンと言われるようになったそうです。

そして、長い長い年月を経て、ヨーロッパからアメリカへ伝わり、宗教行事や各地の風習と入り混じり今の形へと発展していきました。

ちなみに、伝承していくうちに新たに追加されていった風習があるのです。

ハロウィンと言えば顔の形にくり抜かれた大きなカボチャですよね。

実は、もともとの風習には無かったものでアメリカが確立した風習なのです。

アイルランドの古い民話で「意地悪なジャックは、悪魔をだまして生き長らえたため、死んでしまったのに天国へも地獄へも行けなくなり、カブで作ったランタンを持って永遠にさまよい続けている」というお話に出てくる「ジャック・オ・ランタン」はカブでした。

しかし、その当時アメリカで手に入りやすかったのがカボチャだったので、カボチャで定着していきました。

「トリック・オア・トリート」も同じく後からアメリカでできた風習なのです。

 

ハロウィンはいつからいつまで?ハロウィンの楽しみ方は?

日本では「仮装」をして、友達や家族と街を歩いてワイワイ楽しむのが主流ですよね。

でも、それだけじゃもったいないかも!?

私がニューヨークに仕事で行ったとき、たまたまハロウインの季節だったんです。

各家の玄関周りや庭には、顔の形にくり抜いた大きなカボチャ。ガイコツや悪魔の人形、蜘蛛の巣で所狭しと飾り付けがされていました。

各家庭のこだわりが見られる飾り付けで、家の前を通る度にと立ち止まって見てしまうほど、さながら作品展示のようで

クリスマスと同じくらい賑やかな街並みでした。

日本でも「コワかわいい」飾り付けを、てんこ盛りにして楽しんでみてもいいかもしれません。

ハロウィンはいつからいつまで?飾り付けはいつから?

特に決まった日程はないようですが、一般的には10月に入ってからみたいです。

9月の始め頃には飾りを売り出すお店も多いので、少しでも長く楽しみたい人は、9月の早い時期から始めるようですね。

ハロウィンはいつからいつまで?まとめ

調べてみると意外に歴史の古いお祭りだったんですね。

時代と共に大陸を渡り形を変えながらも、今や日本でも人気のあるお祭りに定着したハロウィン。

日本で流行りだしたのは近年ですが、日本人の仮装も、海外に負けず劣らずのクオリティです。

それだけでなく、お庭や玄関、家の中の飾り付けも海外のように賑やかに定着していく日がくるのかもしれませんね。

今年はどんな仮装をしようか、楽しみですね。

ハロウィンのスペル(つづり)は?大文字や英語の筆記体表記も紹介♪

 

コメント