台湾カステラがしぼむ原因は?対策や失敗しないレシピや保存方法も紹介!

スポンサーリンク
台湾カステラがしぼむ原因は?対策や失敗しないレシピや保存方法も紹介!! グルメ
スポンサーリンク

台湾カステラのふわふわシュワシュワの美味しさを手作りでも作ってみたいけど、しぼんで上手く作れない!!

今回は、台湾カステラがしぼむ原因や対策方法や、失敗しない台湾カステラのレシピや賞味期限や保存方法についても紹介していきます。

 

スポンサーリンク

台湾カステラがしぼむ原因は?防ぐ方法も!

台湾カステラがしぼむ原因はいろいろ考えられるようですが、今回調べてみて多かった原因と対策方法についてあげていきます。

卵白を泡立てた過ぎた

台湾カステラは卵白を使うことでシュワシュワ、ふわふわの食感が醍醐味ですが、卵白を泡立て過ぎると、焼いた後にしぼんでしまう原因になってしまいます。

卵白は混ぜて、固まったらそれ以上は混ぜないのがポイントです。

湯煎のお湯の温度が高すぎる

湯煎の温度が高いと、生地の膨らみが大きくなり、その分後でしぼんでしまう原因になってしまいます。

お湯の温度は、40℃〜80℃くらいがいいようですが、できるだけ低温でゆっくり
熱を通すようにするのが上手くいくコツになります。

焼き温度が高すぎる

こちらは各家のオーブンによって変わってくるのですが、焼き温度が高すぎる場合、膨らみが大きくなりすぎて、しぼむ原因になってしまいます。

オーブンで焼く場合は、実際の焼く温度より20℃程度高めの余熱にするのが上手くいくコツです。

焼く温度は各家庭のオーブンによって異なりますが、150℃~160℃程度が上手くいくようです。

焼き時間が短い

こちらは、上手く火が通らずにしぼんでしまう原因になるパターンです。

焼き加減はオーブンによって異なってくるので、難しいところですが、初めは時折やけ具合を確認しながら温度を調節する方が上手くいきます。

こびりついた生地も全部入れた

生地を型に流し込む時に、ボウルの端の方にこびり付いた生地などは、無理に入れないようにしましょう。

それが原因でうまく焼けなかったり、しぼむ原因になってしまうこともあります。

コンベクションオーブンの空気対流機能を使用した

コンベクションオーブンを使用することでファンを回して空気を対流させて、焼きムラを無くすことができる機能があるのですが、台湾カステラなどの湯煎焼きの場合は逆効果になってしまう場合があります。

もし、ファンを止められるのであればファンは使わずに焼くようにしましよう。

 

台湾カステラの失敗しないレシピ紹介

台湾カステラの作り方を紹介します。

ー材料ー
・米油 75g
・薄力粉 100g
・牛乳 90g
・卵 (Lサイズ) 6つ
・グラニュー糖 110g
・バニラオイル 少々
ー台湾カステラの作り方ー ①米油にバニラオイル、ふるった薄力粉を加え、よく混ぜる。

②①に人肌程度に温めた牛乳、卵黄を加え再びよく混ぜる。

③卵白にグラニュー糖を加え、ツノが立つまで泡立てる。
④②に③を加え混ぜ合わせる。 ⑤④を型に流し入れ、160℃ / 320Fのオーブンで60~70分湯煎焼きする。
引用元:おやつラボ

台湾カステラの賞味期限や保存方法は?冷凍保存できる?

台湾カステラの賞味期限や保存方法について調べてみました。

販売されている台湾カステラの賞味期限は常温で1日、冷蔵で3日程度とのことです。

普通のカステラの賞味期限よりは短いですね。

ただし、台湾カステラも売られている物によって多少賞味期限の長さが違うようです。

手作りの場合もですが、やはりできるだけ早めに食べてしまうのが望ましいと思います。

冷凍保存できるのかですが、通常のカステラと同じように冷凍保存ができます。

また自然解凍でも、美味しく食べられるようなので、全部食べられないという場合は早めに個別に分けて冷凍保存するのがおすすめです。

台湾カステラを
\上手く作りたい人におすすめ♪/

現地で出会ったやさしい甘味 (立東舎 料理の本棚) 単行本

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、台湾カステラがしぼむ原因や対策、失敗しない台湾カステラのレシピ、また賞味期限や保存方法、冷凍保存できるのかについても紹介しました。

原因については

・卵白を泡立てた過ぎた
・湯煎のお湯の温度が高すぎる
・焼き温度が高すぎる
・焼き時間が短い
・こびりついた生地も全部入れた
・コンベクションオーブンの空気対流機能を使用した
などが考えられます。

ぜひ、参考にして、シュワシュワ・ふわふわの台湾カステラを作ってみてください♪

コメント